Previous Information

2018年度

  • 2.20   ”次世代ディスプレー ヨウ素使使う材料研究 山形大と伊勢化学”の記事が日経産業新聞に紹介されました。
  • 12.13   ”次世代ディスプレー材料ヨウ素使い製造へ 山形大と伊勢化学”の記事が日本経済新聞に紹介されました 。
  • 12.04 D1の梅本 和輝君が平成30年度 公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団の研究者育成のための助成に”ペロブスカイトナノ結晶のオストワルド熟成の解明”で採択されました。
  • 11.29 増原が平成30年度 JST A-STEP 機能検証フェーズ 試験研究タイプ第2回”広色域ディスプレイへの導入を目指したペロブスカイト量子ドットのサイズ制御技術開発” で採択されました。
  • 10.30 D1の梅本 和輝君が 一般財団法人 先端加工機械技術振興協会の研究者助成に”超音波ビーズ粉砕加工技術の開発によるペロブスカイトナノ結晶の作製”で採択されました。
  • 10.12 D1の梅本 和輝君が日本学術振興会 特別研究員 (DC2) に内定しました。
  • 10.05 新B3 4名が配属されました。
  • 10.04 D1 梅本和輝君が First Authorの 執筆の論文“Separation of mono-dispersed CH3NH3PbBr3Perovskite Quantum dots via dissolutionof nanocrystals” がCrystEngComm誌のBack coverに選出されました。
  • 09.26 D3 志藤慶治君が18th International Symposium on Advanced Organic PhotonicsでBest Poster Awardを受賞しました。
  • 09.19 D1 梅本和輝君が公益財団法人 立石科学技術振興財団国際助成に採択されました。
  • 09.10 D1 梅本和輝君が First Authorの 執筆の論文“Separation of mono-dispersed CH3NH3PbBr3Perovskite Quantum dots via dissolutionof nanocrystals” がCrystEngComm誌にAcceptされました。
  • 09.08 M2 會田祥貴君がInternational Symposium on Chemical-Environment-Biomedical Technology(isCEBT 2018)において “Application of P(VDF-TrFE) Nanocrystal for OrganicPhotovoltaics”のtitleでBest Oral Presentation Awardを受賞しました。
    M2 島村宣寛君がInternational Symposium on Chemical-Environment-Biomedical Technology(isCEBT 2018)において “Polypyrrole Coated Honeycomb Films with MnO2Nanoparticles for Capacitor Electrode”のtitleでBest Poster Presentation Awardを受賞しました。
  • 08.28 D1武田将貴君がFirst International Conference on 4D Materials and SystemsでBest Poster Presentation Awardを受賞しました。
  • 08.02 M1の手塚優樹君が公益財団法人長谷川財団奨学金 奨学生(給付)に採択されました。
  • 07.30 M1 呂伯璋君が一般社団法人米沢工業会 奨学支援金(給付型)に採択されました。
  • 07.26  LD1 梅本和輝君が一般社団法人米沢工業会 教育研究奨励助成に採択されました。
  • 07.09  D1武田将貴君が First Authorの 執筆の論文“Photoconductive Properties of Dibenzotetrathiafulvalene-Tetracyanoquinodimethane(DBTTF-TCNQ) Nanorods Prepared by the Reprecipitation Method”がJournal of Nanoscience and Nanotechnology誌にAcceptされました。
  • 06.13 M1の野原智裕君が公益財団法人フージシールパッケージング教育振興財団奨学金(給付)に採択されました。
  • 05.20  LD1梅本和輝君が First Authorの 執筆の論文“Morphology Control of Nanocrystallized C60 Thin Films Prepared by Poor Solvent Immersion”がTechnologies誌にAcceptされました。
  • 05.18 M1の手塚優樹君が公益財団法人古河記念基金 奨学金(給付)に採択されました。
  • 04.25  昨年度M2の飯野達哉君 がFirst Authorの 執筆の論文“Fabrication and characterization of dichroic fine crystals by the reprecipitation method”がApplied Physics Express (APEX)誌にAcceptされました。

2017年度

  • 03.30 M2の武田 将貴君 がFirst Authorの著書”電荷移動錯体ナノ結晶の有機薄膜太陽電池への応用”が化学工業誌に 掲載されました。
  • 03.30 平成30年度物質・デバイス領域共同研究拠点 展開共同研究A”再沈法によるペロブスカイトナノ結晶の作製とその発光挙動の解明”共同研究先:雲林院 宏 教授 (北大・電子研)に採択されました。
  • 03.30 平成30年度物質・デバイス領域共同研究拠点 展開共同研究A”粒子共存制御ラジカル重合法による活性化フィラー充填高分子電解質膜の創製”共同研究先:有田 稔彦 助教 (東北大・多元研)に採択されました。
  • 03.28 増原が平成29年度 山形大学研究推進報償受賞者に選出されました。
  • 03.21 M2のの武田 将貴君 がH29年度 山形大学最優秀学生賞を受賞されました。
  • 02.16 D2の志藤 慶治君、LM2の梅本 和輝君、M2の武田 将貴君  の3名がそれぞれH29年度 山形大学学生表彰(優秀学術研究賞)を授与されました。
  • 02.15 D2の志藤 慶治君、LM2の梅本 和輝君、M1の會田 祥貴君  の3名がそれぞれH29年度 山形大学校友会大学院学生表彰を授与されました。
  • 02. M2の武田 将貴君 が公益財団法人東電記念財団、平成29年度奨学生に採択されました。
  • 02. M2の武田 将貴君 が公益財団法人帝人奨学会、帝人久村奨学生 に採択されました。
  • 2018.01. M2の武田 将貴君 がパワーアカデミー研究助成 「萌芽研究(博士課程学生枠)」 に採択されました。
  • 12.21 M2の松久保 侑馬君 執筆の論文“Fabrication of Hybridized Micro Particles Composed ofMesoporous Manganese Dioxide and Fullerene C60 Nanocrystals”がChemistry Lettersにacceptされました。
  • 10.16 D2の志藤 慶治君が日本学術振興会 特別研究員 (DC2) に内定しました。
  • 10.13 LM2の梅本 和輝君がThe 5th International Conference on Smart Systems Engineering 2017にて“Size Control Synthesis of CH3NH3PbBr3 Perovskite Quantum Dots”SmaSys 2017 Best Oral Presentation Awardを受賞しました。
    M1の會田 祥貴君がThe 5th International Conference on Smart Systems Engineering 2017にて“Evaluation of Organic Photovoltaic Incorporating Ferroelectric Polymer”SmaSys 2017 Best Poster Presentation Awardを受賞しました。
  • 09.17 D2の志藤 慶治君が平成29年度化学系学協会東北大会にて“粒子共存ラジカル重合法による活性化フィラー充填電解質膜の創製 “でH29年度化学系学協会東北大会 ポスター賞 を受賞しました。
    M2の武田 将貴 君が平成29年度化学系学協会東北大会にて“Preparation and characterization of charge-transfer complex nanocrystalsand their application for organic solar cells “でH29年度化学系学協会東北大会 ポスター賞 を受賞しました。
    M1の土井 美穂 さんが平成29年度化学系学協会東北大会にて“新規合成法に基づくフタロシアニン化合物を用いた有機薄膜太陽電池の作製と評価 “でH29年度化学系学協会東北大会 ポスター賞 を受賞しました。
  • 08.01 M1の高橋 佑樹君が一般社団法人 米沢工業会 先輩奨学金に採択されました。B4の手塚 優樹君が一般社団法人 米沢工業会 先輩奨学金に採択されました。
  • 07.01 M2の武田 将貴君が公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団奨学金(継続採択)に採択されました。
    M1の會田 祥貴君が公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団奨学金 (新規採択) に採択されました。
  • 06.21 D2の志藤 慶治君が第66回高分子学会年次大会 にて“Poly(acrylic acid)-b-polystyrene被覆シリカを充填した電解質膜の作製とそのプロトン伝導性評価”で第66回高分子学会年次大会優秀ポスター賞 を受賞しました。
  • 06.21 D2の志藤 慶治君が平成29年度繊維学会年次大会 にて“Poly(acrylic acid)-b-polystyrene被覆シリカを充填した新規電解質膜の作製とそのプロトン伝導性評価”で平成29年度繊維学会年次大会若手ポスター賞 を受賞しました。
  • 04.01 D2の志藤 慶治君が研究助成 H29年度「萌芽研究(博士課程学生枠)」 に採択されました。
  • 03.31 M1の武田将貴君が平成28年度 フジシールパッケージング教育振興財団 奨学金
  • 03.31 B4の會田祥貴君が平成28年度 山形大学 学生表彰を受賞しました。
  • 2017.01.26 公益財団法人 八洲環境技術振興財団 平成28年度研究開発・調査助成「強誘電性ポリマーナノ結晶による有機薄膜太陽電池の高性能化」に採択されました。
  • 12.22 公益財団法人 御器谷科学技術財団 平成28年度研究開発助成「超音波ビーズミル法によるα-MnO2ナノ粒子で構成されたキャパシタ電極の開発」に採択されました。
  • 10.07 公益財団法人 コスメトロジー研究振興財団 平成28年度研究助成「アミノ化合物によるナノ結晶(粒子)の成長抑制技術の開発」 に採択されました。
  • 09 B4の會田祥貴君がRed Bull Can You Male It ? 2016 出場 多数のメディアより取材を受けました。
  • 06  M2の伊藤直子さんが平成28年度 牛久保・天田育英財団奨学生に採択されました。平成28年度 オリエンタルモーター奨学財団奨学生に採択されました。平成28年度 日揮・実吉奨学会奨学生に採択されました。
  • 06.17 理学部松井研との共同研究で昨年度修了した盛實さんの論文がpublishされました。“C60 nanocrystals thin film with controlled density”Molecular Crystals and Liquid Crystals Vol. 629, Issue 1, 243-247
  • (2016).06.01 増原が平成28年度マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」に採択されました。
  • 04.27 D1志藤 慶治君が 平成28年度 加藤科学振興会研究奨励金に採択されました。「粒子共存制御ラジカル重合法による活性化フィラー充填高分子電解質膜の創製」
  • 04.01 平成28年度 物質・デバイス領域共同研究課題 展開共同研究A「粒子共存制御ラジカル重合法による活性化フィラー充填高分子電解質の創製」(東北大 有田稔彦先生との共同研究)に採択されました。
    平成28年度 物質・デバイス領域共同研究課題 基盤共同研究「逆オパール構造TiO2ゾルゲルフィルムを用いた高効率ペロブスカイト太陽電池の開発」(北海道大 雲林院宏先生との共同研究)に採択されました。
    平成28年度 物質・デバイス領域共同研究課題 基盤共同研究「ハニカム構造を有する高性能キャパシタ電極膜の作製と評価」(東北大 藪浩先生との共同研究)に採択されました。

2016年度

  • 03. 増原が平成27年度山形大学研究推進報償受賞者に選出されました。
  • 02.19 B4 飯野 達哉君 が山形大学工学部物質化学工学科 卒業研究発表会にて最優秀発表賞を受賞致しました。タイトル「再沈法による二色性微結晶作製技術の開発」
    B4 武田 将貴君 が山形大学工学部物質化学工学科 卒業研究発表会にて優秀発表賞を受賞致しました。タイトル「強誘電性ポリマーナノ結晶を活性層に導入した逆型有機薄膜太陽電池の作製と評価」
    B4 松久保 雄馬君 が山形大学工学部物質化学工学科 卒業研究発表会にて優秀発表賞を受賞致しました。タイトル「電極表面構造および電解質によるMnO2-C60擬似キャパシタの特性評価」
  • 2015. 12.04 M2 志藤 慶治君が「帝人久村奨学金」の奨学生に採択されました。
  • 11.02 Memberに3年生が加わりました!
  • 09.10 M2 志藤 慶治君の 「汎用高分子とシリカ微粒子からなる高プロトン伝導膜の創製」第24回ポリマー材料フォーラム(高分子学会)において報道機関に公表する記者発表会に選出されました。
  • 09.02 M1 梅本 和輝君が 八洲環境技術振興財団平成27年度 国際会議・研究発表会等の参加助成(I)に採択されました。
  • 07.13 研究室メンバーの追加および写真の入れ替えとアルバムの追加を行いました。
  • 07.01 M2 盛實咲衣さんが太平洋セメント 奨学生に採択されました。
  • 06.18 H27年度山形大学先進的研究拠点(C)」形成支援に採択されました。PJL 中山 健一 准教授  メンバー 吉田 司・岡田 修司 教授松井 淳・増原 陽人 准教授
  • 06.17 M2 志藤慶治君がH27年度フジシール財団 奨学生に採択されました。
  • 06.08 M1 梅本和樹君がH27年度オリエンタルモーター奨学財団奨学生に採択されました。

2015年度

  • 03.26 平成27年度 物質・デバイス領域共同研究課題(東北大 有田稔彦先生との共同研究)に採択されました。
  • 03.26 平成27年度 物質・デバイス領域共同研究課題(東北大 藪浩先生との共同研究)に採択されました。
  • 03.03 増原が平成26年度山形大学研究推進報償受賞者に選出されました。
  • 02.20 B4 梅本和輝君が物質化学工学科卒業発表会最優秀発表賞を受賞しまた。
  • 02.20 B4 伊藤充史君が物質化学工学科卒業発表会優秀発表賞を受賞しました。
  • 02.20 B4 鳥羽彩伽さんが物質化学工学科卒業発表会優秀発表賞を受賞しました。
  • 02.18 D1 佐藤駿実君がH27年度東京工業大学基金による研究助成・教育研究助成に採択されました。
  • 01.13 第6回キャノン財団研究助成に採択されました。PL 有田稔彦(東北大多元研) メンバー 松井 淳 (山形大 理学部)増原 陽人
  • 2014. 12.25 増原が平成26年度山形大学優秀教育者受賞者に選出されました。
  • 11.17 H26年度山形大学先進的研究拠点(C)」形成支援に採択されました。PJL 中山 健一 准教授  メンバー 吉田 司・岡田 修司 教授松井 淳・増原 陽人 准教授
  • 10.10 公益財団住友電工グループ学術研究助成に採択されました。
  • 09.21 M1 渡部大輝君がH26年度化学系学協会東北大会において優秀ポスター賞を受賞しました。”粒子共存酸化重合法を用いた有機n型半導体−p型高分子複合ナノ粒子作製の研究”
  • 09.21 B3 宮川佳奈さんがH26年度化学系学協会東北大会において優秀ポスター賞を受賞しました。”3層構造を有するコア−シェル型ハイブリッドナノ粒子の合成”
  • 09.19 日本学術振興会「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム」に採択されました。PJ 吉田司 教授 メンバー 中山健一 ・松井淳・増原陽人 准教授
  • 08.04 M1 盛實咲衣さんが太平洋セメント 奨学生に採択されました。
  • 07.07 M1 盛實咲衣さんが野崎わかば会 奨学生に採択されました。
  • 06.19 M1 盛實咲衣さんが日揮・実吉 奨学生に採択されました。
  • 06.17 M1 志藤慶治君がフジシール財団 奨学生に採択されました。
  • 02.26 増原が平成25年度山形大学研究推進報償受賞者に選出されました。
  • 02.21 B4 志藤慶治君が物質化学工学科卒業発表会最優秀発表賞を受賞しました。